【イベント】『はじまりとおわりを見つける』


今年度の集大成となるリアルイベント、まちが舞台になる10日間!「ひみつのあそび発明家からの招待状」開催決定!これまでひみつのあそびを発明してくれたアーティストのみなさんが、再び静岡に集結します。ひみつのあそびに参加して、いつものまちと出会いなおそう

チラシは市内各所で配布中。
チラシのpdfはこちらでご覧いただけます!


 

3月3日(金)〜12日(日)

『はじまりとおわりを見つける』

あなたが主役の戯曲(演劇の台本)から始まる小さな旅。目指す先はどこかの駅かバスの終点か…。指示書にしたがって、まずは新静岡駅へ行ってみよう!

本イベントの元となった ひみつのあそび「はじまりとおわりを見つける」の指示書はこちら

 

=====

[指示書]

あなたはひとりぼっちです。

近所の駅や停留所へ向かいましょう。

 

[あそびかた]

1.新静岡駅に、「はじまりの戯曲」と「おわりの戯曲」があります。

2.手に入れて読みます。

3.よければ実際に上演してください。

=====

 

『はじまりとおわりを見つける』

期間:3月3日(金)〜12日(日)静鉄電車・静鉄バスの営業時間内
台本の設置場所:新静岡駅改札内待合室・新静岡バスターミナル待合室
定員:なし
申込:不要・現地で台本を入手してください
協力:静岡鉄道株式会社・しずてつジャストライン株式会社

※電車やバスに乗車する際には運賃がかかります。

 

アーティストトーク(中野成樹×石神夏希)【要事前申込】

日時:3月9日(土)19:00〜21:00
会場:ギャラリー青い麦(静岡市葵区呉服町2丁目2-22 呉服町ビル1F)
定員:20名
申込:下記のフォームからお申込ください

 

※【要事前申込】の各イベントへの参加は事前のお申込が必要です。お申込はこちら

 


 

台本の作者:中野成樹(演出家)


1973年、東京生まれ。演出家。中野成樹+フランケンズ主宰。日本大学芸術学部教授。主に海外古典戯曲をとりあげ、誤意訳(誤訳+意訳)なる独自の手法で、イメージの凝り固まりつつある過去の名作を、「まったくの海外古典劇でありつつ、まったく日本の現代劇でもある」作品に仕立て直す。

→中野さんが発明したひみつのあそび「はじまりとおわりを見つける」の指示書はこちら

 


★その他のプログラムはこちらをご覧ください


 

【お申込】

以下のフォーム、またはリンク先からお申込ください。参加費は全て無料です。
お申込時には必ず連絡のつくメールアドレスをご記入ください。

 

※定員に達し次第、随時受付を締め切らせていただきます。
※当日、空きがある場合は会場にて受付けます。

 

【ご案内】

<屋外で実施するプログラムの雨天時対応について>

雨天時はプログラムの内容・コース等を一部変更して実施します。ただし開催3時間前の時点で会場となる地域に大雨・洪水・暴風・雷の各警報が発令されている場合は中止します。いずれもお申込時にご記入いただいたメールアドレスへご連絡致します。

<ご来場のみなさまへのお願い>

※開催中の様子を撮影します。SNSでの公開も予定しておりますのでご了承ください。
※発熱や咳などの呼吸器症状がある方、体調に不安がある方はご遠慮ください。
※事前の検温およびマスク等による感染予防対策をしてご来場ください。

 

<問合せ>

「きょうの演劇」事務局 himitsunoasobi.kyonoengeki@gmail.com

<主催>

静岡市






 




 

 

お問い合わせについて

『きょうの演劇』に関するお問合せは
こちらのフォームからどうぞ。
Click here to contact us!